アクト チェンジ

読んだ本の感想を主に書いてます。また、本を読み変えた行動の過程と現状を書きます。

神・時間術を読み 平日の仕事の昼休みの過ごし方の追求した

 

 

ベストな昼休みな過ごし方とは

 

 

f:id:rei11bun:20170723183302j:plain

 

 

 

 

 

昼休みを満足に時間がとれない場合もある。時間ではなく、行動を起こし、いかにリフレッシュするのかが大事。なので時間別にやることなどを決めて、いろいろ試行錯誤しました。

 

 

 

 

特に効率よく出来たと思うのは

 

トイレで昼寝 

目を閉じてひたすらゆっくりする。短時間で効果が高いように感じた。

 

誰もいないスポットの発見

そこでただぼっーとする。会社の人が近くにいないだけでストレスが減る! 

誰もいないは冷静になり、安心出来る幸せだった

 

仲の良い友人と話す

昼休みだからと言ってしちゃいけないことはない。予定が合う人に電話や一緒の食事でおしゃべりをして活気アップ

 

 

何個かリスト化し気分と時間、できる範囲内で何を出来るかを探るというものは面白かった。ただ時間を潰す為に携帯をいじるようではダメだという感覚が出来たことはこれからの未来の昼休み時間である30分をパフォーマンス向上に使うことが出来たので、安い投資で長い時間を考える良いキッカケとなった。

 

 

 

 

 

 

ダメなもの

 

いやなことがあるとご褒美としてお菓子を買う 

太る、お金の消費が早くなるのでやめる、せいぜい飲み物にしておく。200円以下まで!!

 

 

嫌なことを反芻し、後悔する  

会社にいる時は仕事中でもあるが、自由だ。昼休みくらいは完全リフレッシュに向けて行動しなければパフォーマンスが下がりまくった。仕事中の過ごし方の本はいくらでもあるが昼休みに特化した本というものはないように思う。毎日の仕事が嫌でも昼休みを楽しく出来れば楽しい昼休みを目標にやる気はが湧くという実感が持てた。