アクト チェンジ

読んだ本の感想を主に書いてます。また、本を読み変えた行動の過程と現状を書きます。

残り時間 960分

タイトルの数字は1日に分数の1440分から8時間の睡眠時間を引いた数になります。今回の本は「1440分の使い方 ケビン・クルーズ」です。
 

 

 

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣 (フェニックスシリーズ)

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣 (フェニックスシリーズ)

  • 作者: ケビン・クルーズ,木村千里
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2017/08/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 
 
 
 
 
 
 
本書について
著者が1440分という数字をメモに書き、社長室のドアの前にはることにより、そうか1日は1440分しかないんだと
社員がしることになり、無用な会議や少し考えればわかる相談などが減ったということでした。
本書は筆者の離婚経験し子育てをしなければいけない時に時間管理術を研究していき実践してきたことを書籍化したものである。
この1440という数字を意識するだけでも自分を俯瞰化し、時間の当て方を再構築するキッカケになりました。
みなさんもこの時間が1日で過ぎるんだということだけ把握するだけで効果が出る可能性があるかもしれません。
 
 
 
 
 

一部抜粋

・ todo リストは使わずにタイムブロック管理をすること
todoリストーそれは消えることのないウイッシュリストである
なぜなら、41%の項目は永遠におわらないため「todo 管理サービスサイト アイ・ダン・ディス」
重要なタスクよりも急にやるタスクを消費して終わってしまう。
一番はこの時間はーー系のことをやるなどを決めること。時間をブロックして不可侵にしてそれだけをしてしまう方法
 
・TVを見ない
アメリカ人の年間のTVに費やす時間は1896時間平均である
これは2000時間に相当する。この2000時間というのは資格を取得し、教室などを開ける一つの基準となる時間
である。
 
 
・写真でなんでも記録する。
覚えることは全てスクリーンショット、写真にとり、脳の負担やすぐに思い出せるようにしよう。(デパートの立体駐車場など!)
 
 
 

変えた行動

アイフォンのリマインダーを使用し、タイムブロックを実施した
→昼休みにすることをあらかじめ書き、やることとした。常に覚え続けるという状況はなくなり、
脳負担を減らした。ノートにメモをすることはPCのHDDみたく記憶を外につけるようなものである。
しかし、とっさの仕事が舞い込んだ時などがは気づかない時のでリマインダーにすると否が応でも通知が来るので忘れない。 
強くリマインダータイムブロック方をオススメする。
 
 
 
 
ワンタスクフィニッシュ
手をつけたことを最後までする。
めんどくさくなり、放置するようなこともあるが、そのすべきことに必要な時間が予定より多い場合のみそうなることに気がついた。
そのそうな時は別日、別時間に実施するようにした。
あれもしなきゃ、これもしなきゃ、でもいつやれば良いの?この考えは無駄であり、不安を煽る状態だった。
オンとオフの境目を曖昧にしている。遊ぶ時は遊ぶ、それ以外は考えない!純度が高い時間は満足度も高い。
 
 
 
 
 
都合の良いように自分の周りの世界を再構築し、960分の中で自分がしなければいけないことを長く出来るようにしよう。
もちろん休息も必要ですので適度に遊びましょう!
洗濯機が主婦の労働時間を短縮したように、今後はネットサービス(レシートから家計簿を作るなど)などが我々の時間をもう少し多く使えるようになるような気がした本でした。
 
 
今後はブログに頻度を週1ぐらいに減らして濃度を濃くしようと思います。
今後はノートとアナログのメモはどちらがよいのか、両方のメリットを繋げたアプリ、利用方法とか書きたいです!